2006年11月04日

【高校野球】近畿秋季大会、決勝戦は報徳学園vs大阪桐蔭!

報徳学園 203 000 002=7
北大津  000 000 000=0

大阪桐蔭 033 300 000=9
市  川 011 030 000=5

高校野球近畿秋季大会準決勝2試合が行われ、予想通り、報徳学園大阪桐蔭が決勝進出を果たしました。

報徳学園先発は1年生エース近田怜王ではなく同じ1年生の岡田大裕
その岡田は5回途中まで無失点で抑えると、その後は近田が1安打に抑える完璧なピッチング。見事に1年生リレーで完封勝利。

一方の大阪桐蔭は怪物・中田翔が場外ホームランを含む2本の豪快なホームランで勝負を決めた。この試合中田は先発しなかったが、次の決勝戦では登板する可能性が濃厚。楽しみだ。

てことで、おそらく来年の甲子園でのセンバツ大会でベスト8に進出するのは間違いない2校が近畿大会の決勝戦に出てきた。

現状では大阪桐蔭の完成度が一枚上だろうが、来年の春を考えると1年生バッテリーの報徳学園のほうに伸び代がありそうな気もする。

決勝戦は大阪桐蔭の投打の軸である中田翔に対して、報徳学園のプロ注目の1年生エース近田怜王がどんなピッチングを見せるのか・・・非常に楽しみな一戦になりそうだ。

う・・・今度こそ生で見てみたいぞーーーーっ!!!
posted by にたろう at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。