2012年02月05日

フレールジャック、力不足明白の惨敗


また馬体減(>_<)

休み明けにもかかわらず馬体減。

走るたびに擦り減らされる体。

やっぱり復帰は1〜2ヶ月早かったな。まあ普通に考えればわかると思うんだけど。

この厩舎の判断ミスのせいでまた2〜3ヶ月の休養を余儀なくされるでしょう。

フレール自身、心身ともに重賞の舞台はまだまだ荷が重い。

これで陣営もオープン特別からもう一度出直す決心がついたでしょ。

輸送は馬体が減るので今後は京都をメインに阪神をサブに使うくらいのほうが馬のためだよ。

このあとは思い切って放牧に出して5月12日の都大路Sあたりで復帰してくれるのがベストなんだけどな。

この声が陣営に聞こえてくれればいいけど。

無理だろうけど。

posted by にたろう at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。