2006年10月01日

【競馬】ピカレスクコートが仏G2で2着

凱旋門賞の前日、ロンシャン競馬場で行われたのダニエルウィルデンシュタイン賞(G2・芝1600・8頭立て)でディープインパクトに帯同した池江泰寿厩舎のピカレスクコート2着に入線した。

ピカレスクコートは日本では1000万以下条件に所属する馬で父ジェイドロバリーの4歳牡馬。
うーん。フランスのG2とはこの程度のレベルなんでしょうか?
まあ欧州競馬は重賞の数がやたら多いから同じG2でもいろんなレベルがあるんでしょうけどね。

ちなみに勝ち馬はデットーリ騎乗のドバイミレニアム産駒エコーオブライト。イギリスのG3を2勝、今年のサセックスS(G1)6着の実績がある馬です。デットーリ騎乗ってことは・・・もちろんゴドルフィンの馬ですな。




posted by にたろう at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。