2011年07月17日

キャロット2011年募集馬検討〜ディープ産駒〜

 
まだカタログも来てませんが、毎度馬体なんてまるで無視ですから問題なしです。

血統分析を軽く。

まずは皆さん注目のディープインパクト産駒から。

牡馬なら最低でも5000万円でしょうからよほど気に入らないと手は出ませんな。

ディープ産駒の配合のポイントははスピード系の母との配合の相性の良さ。
そのスピードをどう生かせるか。
フレールジャックのように無理やりHaloをクロスさせてスピードを引き出すのか、リアルインパクトのようにTheTetrarchやUltimusなどをきめ細かく押さえていくか・・・
だからいくらスピード系の母とはいえNasrullah系のスピードだけっていう母馬ではだめなんだけど。


キャロット2011年募集馬のディープインパクト産駒のラインナップは以下の9頭。

×ガヴィオラの10
○クラシックローズの10
○フォルテピアノの10
×オールザウェイベイビーの10
△ショアーの10
△シーズライクリオの10
△バランセラの10
△フレンチバレリーナの10
△ポトリザリスの10

9代血統表をパッと見て「絶対欲しい!」という馬は残念ながら見当たりません。

ガヴィオラとオールザウェイベイビーは一目見てパス。父母の良さをまったく活かしきれてない。
わたしとしては100%買わない馬。募集額1000万円でも買いません。

あえて良さそうなのを選ぶとしたらクラシックローズとフォルテピアノ。

クラシックローズはRephardの4x4x4。さらにHailtoReasonの4x5と前面に並べてクロス。
あまり美しくない配合もバランスはまずまず。ただ母のスピードは消されてるかな。

フォルテピアノはNorthernDancerの4x5x5。欠点もなく及第点の配合。
やはり母のスピードは消されている。ディープのHyperion-Gainsboroughの良さを活かしきれてないんだよなあ。てことでスピードもスタミナも今一歩。


他の馬は1000万円くらいの募集なら買いますがw

ポトリザリスはイグアスの全妹。あれだけ馬体がよく出たイグアスですらいまだ2勝。
イグアスくらいの活躍では元を取り戻すのは難しそうで・・・ここはパスでいいのでは?

あとは馬体のわかる会員さんに評価を委ねます。
 
 
posted by にたろう at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | キャロットクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。