2010年07月18日

カノヤザクラ安楽死

カノヤザクラが左第1指関節脱臼を発症し、予後不良。
 
今日重賞に元気な走りをしていた馬が

今はこの世を去っている…

競馬とはやはり残酷なものです。

無事に走り終えることの難しさ。

JRAもケガをしなくなるような馬場改修を目指すべき。

レコード更新が連発する馬場を誰も望んでいない。

故障が少ないならオールウェザーの馬場もどんどん導入してもらいたい。

競馬場ごとにオールウェザーの馬場があったり、なかったりしても面白いのではないだろうか。

試しにどこかの競馬場で導入してもいいと思うのだが。。。

JRAには競走馬を死に至らしめた責任はJRAにあるという認識を持ってもらいたい。意識改革が必要だ。

 
posted by にたろう at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。