2010年02月19日

トロサックス近況(2/18)


「先週の競馬は直線で上々の伸びを見せてくれましたが、脚元に負担がかかったのか左前に腫れが認められました。念のため今朝エコー検査を受けたところ、左前の腱鞘炎という診断でした。深刻な状況ではないものの、このまま調教を進めるのは難しい状態です。しばらくは本格的に乗らないほうがいいでしょうから、一度放牧に出して患部の良化を待ちたいと思います」(西園師)来週中に放牧に出る予定です。

あいた〜腱鞘炎ですか。軽度の屈腱炎って感じなのだろうか。
よくわからないけれど数ヶ月は牧場送り決定。
あのフォームで走ればやはりどこかに無理が来るってことだなあ。
馬具で調整してフォームを固めないと。

25日に山元トレセンへ放牧に出る予定です。その後NF空港へ移動し、去勢手術することを検討しています。


落ち込んだ翌日にはなんと「去勢手術」とな!
激しい気性だけになるほどそういう選択もありか。
ちょうど腱鞘炎で放牧に出るし、そのついでに手術をしようと。
しかし去年ノド鳴りの手術をして今年は去勢手術とは・・・馬にはかなりのストレスになるんじゃ?

激しい気性への対応がいきなり最終手段の去勢手術になるとは。
まずは馬具をいろいろ試したあとに矯正してほしかったなぁ。

そんなもんではどうしようもないほどの気性難だったのだろうか・・・
直接馬に触れていないのでわからんが・・・

こうなっては仕方なし。じっくり牧場で休養して成長を促して欲しい。

 
posted by にたろう at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キャロットクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。