2010年01月23日

バトードール近況(1/23)


23日の京都競馬では好位のインでソツなく運び、直線で追い出されると一完歩ごとに差を広げて3馬身差の快勝。「スタートが速くないと聞いていたので、押して行って前でレースを進めました。馬込みが苦手とのことで外に出そうと思ったのですが、内からのプレッシャーがあったので無理せず落ち着かせたら我慢してくれました。前が開いてゴーサインを出すとスッと反応してくれたし、最後はほんとうにすばらしい伸びでしたね。すごくセンスのいい馬ですし、距離も問題ありません」(ルメール騎手)「予想していたよりも重い体重での出走になってしまいました。木曜日を軽めの運動にしたので、リバウンドしてしまったのかもしれません。その影響があって体を持て余すような走りでしたね。勝ち時計はそれほど速くありませんが、最後の1ハロンのラップは一杯に追っていないのに速かったように能力はかなり高いですよ。このあとは脚元の状態に問題がなければ続けて使っていくつもりです。馬体が絞れてさらにいい走りができると思いますし、ポンポンと勝っていけるだけの素質馬だと思います」(池江寿師)直線で前が開いてからのスピードの乗りはすばらしく、大きな可能性を感じさせる走りを見せてくれました。芝・ダート問わず、これからの活躍が大いに期待されます。


ほんまに良かった。うれしいよりもホッとした気持ちが強い感じ。
圧倒的1番人気の期待を裏切らなくて良かったと・・・

家に帰ってGCのレースリプレイを何度も見ていますが新馬勝ちっていいですねぇ。キャロットクラブ入会初年度でこんな経験ができるとは。感謝、感謝です。

しばらくはダートで経験を積んで欲しいですね。今日の時計では昇級戦即通用するかは微妙ですが相手次第では好勝負できるかも・・・

まずはじっくりと疲れを取ってほしいですね。

 
posted by にたろう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャロットクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。