2009年12月02日

【競馬予想】ジャパンカップ結果

遅くなったけれどとりあえずジャパンカップの回顧。

ジャパンカップ(芝2400)

1着 注ウォッカ
2着 ◎オウケンブルースリ
3着 ▲レッドディザイア

まさかのウォッカの勝利。これには驚いた。ほんとうに強い。
確かにペースが速くなって折り合いがついたことが勝因だろうが、
距離はマイルがベストだという認識が強く、スタミナを問われる流れでこの距離。勝つのは厳しいという見方だった。
それでも印を廻したのはルメールの騎乗でどこまで変わるのかに期待したから。しかしレース内容はまさに王者のもの。鞍上がルメールでなくとも勝っていただろう。脱帽するしかない。調子も復調していたのは間違いないが。
◎オウケンブルースリは前半ペースについていけなかったものの、直線は長くいい脚を使い良質のスタミナを見せつけた。昨年のパフォーマンスを考えれば、このくらい走って当たり前。順調なら来春の天皇賞は確勝でしょう。
▲レッドディザイアも血統的にスタミナ優位な配合で、ここは実力を示すにうってつけの舞台になった。軽量を生かしたとはいえ牡馬の一線級相手に一歩も引けを取らぬレース内容。強い。秋華賞でギリギリの仕上げ。その反動でエリザベス女王杯を回避。そしてジャパンカップできっちり立ち直らせた厩舎サイドの調整ぶりは立派の一言。さすがは現役時代から牝馬のことを知り尽くしている松永幹夫。お見事です。

てなことで予想は微妙な結果だけれど、ウォッカの印を落とした時点で予想としては失格でしょうね。参りました。

ウォッカはレース中に鼻出血を発症していたそうで、まさに限界の走りの証。このまま引退が濃厚だろう。
もう一度ドバイに挑戦して欲しい思いはあるけれど無理をさせるのもかわいそうでしょう。

 
posted by にたろう at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

JRA 鼻出血
Excerpt: 蓄膿と鼻茸について。5日ほど前から、右側の鼻から出血が続いています。出血はサ.... 蓄膿と鼻茸について。5日ほど前から、右側の鼻から出血が続いています。出血はサラサラではなく、鼻水と混じって粘り気..
Weblog: 60秒で知るニュース。
Tracked: 2009-12-02 07:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。