2009年10月06日

バトードール近況(10/6)

坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「両前の内側に小さな骨りゅうがありますが、ショックウェーブを施したことで痛みはほとんどなくなりました。今朝は坂路1本乗っています。ゲート練習も継続して行っていますが、素直で優等生タイプなので、まったく手がかかりません。この兄弟では珍しいぐらい落ち着きがありますね。身のこなしも良く、馬体もしなやかでかなりいいものを持っていますので、あまり慌てないほうがいいでしょう」(GW担当者)


骨瘤のほうはまったく問題なしるんるん
骨瘤ごときで頓挫と言われては心外だからねぇパンチ

それにしても褒め殺しのようなコメントのオンパレード揺れるハート
こちらが照れてしまうわぴかぴか(新しい)

このまま「優等生」のまま順調にデビューを迎えて欲しいものです。

 
posted by にたろう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャロットクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。