2008年11月15日

【競馬】ブエナビスタ強い!

京都3R牝馬限定の未勝利戦。
ブエナビスタ強かった。
こりゃー桜花賞、オークスと勝つな。

血統分析してみると、、、

目立つクロスがNijinskyの3x4の近親配合。
とはいえ、中間断絶でそれほど濃くはない。
このなかに主導のNearco、Almahmoud、Pharamondなどを集め、結合状態は上々。父母の傾向もぴったり一致。
キーホースとなるPhararis-PharosやTeddy、Hyperion-Gainsboroughなどが父父、父母、母父、母母にまんべんなく散りばめられており、惚れ惚れするような美しい血統表。
問題はスピードのキーホースの血統があまりクロスできなかった点だが、レースを見る限り引き出しに成功しているようだ。Nijinskyの近親配合の効果で母父Caerleonのスピードが引き出されてるんだろう。このあたりは正直言って結果論だなぁ。
スタミナはPrincequillo-Prince Rose、Papyrus、Tracyなど非常にしっかりしており、父スペシャルウィークの良い点を再現。
距離延長でますます良くなるはず。

できれば、欧州の芝で走らせてみたいね。
無事なら3歳のうちに凱旋門賞行ってほしい。

この馬を僕が一口で選ぶか?と言うとスピード不足が心配・・・と正直断念しているかもしれないなあ。難しいわ。

このあとはじっくり育てて名牝の王道を歩んでもらいたいね。
ラベル:競馬
posted by にたろう at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。